介護保険を利用した手すり取り付け工事1

P6240076

昨年12月に浴室改修工事トイレ改修工事をご紹介して
おりました指宿市F様邸ですが…。

介護保険を利用した住宅改修工事を致しました。
今回は、手すり取り付け・段差解消工事・玄関式台取り付け工事
を行いました。

介護保険で住宅改修費の給付を受けるためには、
要介護(要支援)認定を受けていることが必要です。

改修工事を行う前に、その内容について市役所に事前承認を
受ける必要があるため、申請書類の代行手続きを致しました。

写真の枚数が多いですので、まずは手すり取り付け工事をご紹介致します。

外部手すり

玄関入口に手すりを取り付けました。

施工前
P6140001


施工後 巾820mm 高さ800mm
P6240076

玄関ホール

既存の手すりが有りましたが、式台(踏み台)を設置するため、
手すりに傾斜を付けました。

施工前
P6140009


施工後 L型傾斜手すり 幕板使用 横1300mm 縦700mm
BlogPaint

傾斜手すりを取り付けるために壁の補強が必要でしたので、
幕板を取り付けました。

キッチン入口

施工前
BlogPaint


施工後 縦手すり 縦700mm
BlogPaint

廊下

施工前
P6140040-2


施工後 横手すり 巾700mm 幕板使用
P6240082

廊下

施工前
P6140031-2


施工後 コの字横手すり 横2950mm 幕板使用
P6240084

施工前
P6140033-2


施工後
P6240089

お施主様が安全で快適な生活が出来ますように

続きは、後日アップ致します