屋根棟板金下地補修工事

春の暖かな心地よい日和です(^_^)/

 

週末が天気がイマイチでしたので、まだゆっくり桜は見ていませんが、

今週末こそ、ゆっくり眺められたらな~と思っています。

 

 

さて、昨年台風災害で窓の工事をさせて頂きました鹿児島市M様邸より

ご紹介を頂きまして…。

 

鹿児島市N様邸の補修工事と屋根・外壁塗装工事をさせて頂き、先週末に

完工致しました。

 

昨年の台風の影響で、屋根の棟板金が浮き、棟板金の下地の貫板が外れて

しまっていました。

 

まずは、棟板金下地補修工事をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

施工前

 

アップにして見ると…。

棟板金が浮き、下地の貫板が外れてしまっていました。

 

足場を設置し、既存の棟板金を外します。

棟板金は既存の物がまだ使える状態でしたので、再利用します。

 

残っていた貫板も取り外します。

 

 

 

新しい貫板を取り付けます。

 

 

棟板金を取り付けます。

 

 

 

 

補修を終えてから、高圧洗浄し塗装に入りました。

塗装の様子はまた後日、ご紹介したいと思います。

 

 

M様、ご縁を頂きまして、誠にありがとうございました。