外壁シーリング打ち替え工事

先週、屋根葺き替え工事でコロニアルに葺き替えた鹿児島市K様邸を

ご紹介しましたが、屋根の葺き替えの後に外壁材(サイディング)の

目地のシーリングを打ち替える工事をしました。

 

既存のシーリングが劣化によりヒビ割れを起こしていましたので、

お施主様もお気付きで、この機会にご依頼頂きました。

 

屋根の葺き替えに仮設した足場を利用します。

 

マスキング

 

シーリング

 

 

 

 

完了!

 

 

 

 

劣化し、ヒビ割れたものをそのままにしておくと、そこから雨水が侵入し

雨漏りの原因となる場合があります。

窓廻りから雨漏りがしたと思ったら、シーリングが劣化していたなど…。

 

気付かない内に雨漏りしていて、躯体(建物の構造を支える骨組)の

腐食が進む場合も有りますので、地味に見える作業ではありますが、

とても大切な作業と考えます(^_^)

定期的にチェックしたい項目ではあります。

 

屋根の葺き替えと外壁のシーリングを終え、梅雨を迎える準備万端と

なりました。

 

ありがとうございました!(^^)!